注文住宅を新築するなら依頼する施工会社の「考え方」を把握しておきましょう

店舗デザイン・住宅新築の時創空間です。

注文住宅のよいところは、自分たちの要望を施工会社に聞いてもらえることです。一方で、建売に比べれば、コストが大きくなるので注文住宅を新築される方は、施工会社選びに慎重な方が多いです。ただ、むやみに慎重になると今度はストレスで疲れ果ててしまいます。ポイントをおさえて慎重にお付き合いする施工会社を選ぶのが良いでしょう。

注文住宅を検討されている方は、周囲にお付き合いする施工会社の選び方を尋ねていることだと思います。様々な項目は千差万別ですが、「結局は“人”だよ」という共通の答えが出てきているのではないでしょうか。私たちも施工技術やプランニングにも自信はありますが、今までお付き合いしてきた施主さんたちが、最終的に私たちを選んでくれた理由は「人」の要素だと、施主さんとお話しするなかで感じています。

「人で選ぶ」とはどういうことでしょうか?私たちは、「人で選ぶ」ためには施工会社の考え方を知るべきだと考えています。なぜなら、施主さん自身が要望を具体的に伝えても、細かなところは、施工会社の考え方でつくられるのです。施工会社と考え方がミスマッチしていれば、細かな不満が重なって「イメージと違う注文住宅」ができあがってしまいます。そのため、考え方が自分たちとマッチしているかを検討することが大切です。

もちろん、時創空間にも注文住宅についての考え方があります。

 

注文住宅に求めることは全ておっしゃってください

時創空間の注文住宅づくりは、完全にゼロベースで行います。そのため、現在の家族構成やライフプランなど、暮らし方に関わる事項を聞き取ることから始めます。そのうえで、注文住宅にどのような要素を盛り込みたいのかを引き出していきます。「自由に」というと、皆様、最初は遠慮がちなのですが、少しでも「こうしたい」と思ったことはおっしゃっていただいています。そのようにしたほうが、時創空間で注文住宅を新築する場合に限らず、後悔の少ない注文住宅が出来上がります。

直感で要望を言っていると、相反する要望も出てきます。そうした要望を整理したり、調整したり、折衷したりするのが私たちの役目です。ですので、私たちがお客様に要望を伺うときには、お客様に「要望を伝えること」に専念していただけるコミュニケーションを意識しています。

なぜこのような考え方をもっているかというと、家を建てる前から直感的に抱いた要望というのは、建てた後にも抱くものです。そうした要望と事前に向き合って、自分のなかで整理をつけておかないと、「あれもやっておけばよかった」と家を建ててから後悔することになるからです。私たちが注文住宅の新築に関わるからには、後悔していただきたくない。これが私たちの思いです。

使い勝手のよい住宅を

私たちは店舗デザインもしていますので、見映えのよい建築にも携わりますが、やはり注文住宅は暮らしの場所なので、使い勝手が大切です。使い勝手が悪いとストレスのもとになり、見映えの良さから得られる気持ちのメリットが薄れてしまいます。

例えば、私たちが提案するのは、2階にお風呂を設置すること。なぜなら、冬にお風呂から上がったときの寒さは、こたえるものです。特に高齢者にとっては命に係わることもあります。暖かい空気は2階にたまるので、2階にお風呂を設置すれば、寒さを和らげられます。お風呂と洗濯機置き場は近くなるので、ベランダに洗濯物を干すのも楽になります。こうした設計は漏水を心配して、他の施工会社はあまりしたがらないのですが、時創空間は独自の施工ノウハウで漏水の心配がほぼないので提案しています。

また、片付けが苦手な方の場合は、さまざまなものをまとめてつめこんで置けるスペースを提案することもあります。このようなスペースがあれば、急な来客時に部屋をすぐ片づけられます。

一生お付き合いさせてください

通常、注文住宅の新築ではアフターメンテナンスに有効期間が設けられています。時創空間の場合には、アフターメンテナンス期間を設定していません。私たちは、新築に携わらせていただいた注文住宅に関しては、一生お付き合いさせていただく覚悟でおります。

新築後、暮らしにかかわるお悩みがありましたら、なんでもお尋ねください。例えば、「家電はなにがいいの?」とか「火災保険はどうしよう?」とか「子供が自分の部屋を欲しがり始めた」など。私たちのノウハウでお応えできることにはなんでもお応えします。

私たちは、お客様の理想の暮らしを実現するプロフェッショナルなのです。

PAGE TOP