安い初期費用で理想の店舗建築を実現するには「上手な引き算」が大切

神奈川県相模原市で住宅および店舗の設計・デザイン・建築を手がけている時創空間です。

限られた予算のやりくりは、店舗経営者の方にとってはいつも悩みの種だと思います。特に、新規店舗を出店するときの店舗建築の費用については、皆様、なかなか悩み抜かれているようです。一度作ってしまったら後から大幅な変更は難しいからこそしっかりとお金をかけるという方もいれば、初期費用は可能な限り抑えたいという方もいらっしゃいます。

店舗の初期費用をかけない人が増えている

日ごろ店舗建築の仕事を手がけている時創空間が感じるのは、「初期費用は抑えたい」と考えている人が増えているということです。店舗自体を作り込んで、20年以上も愛されるような店舗を創ろうという方は減ってきているように感じます。

しかし、ここでひとつ申し上げておきたいのが、そうした方々が店舗経営に対して愛情がないわけではないのです。店舗を作り込まない代わりに、観葉植物を取り入れるなどインテリアに対してのこだわりがあるなど、ハードよりもソフトの部分で自分なりの店舗空間を創りあげていらっしゃるようです。

つまり、今、新規店舗を出店される方々のトレンドとしては、店舗というハードよりも、サービスや考え方といったブランドが愛されるようにしている方が多くなっています。

このトレンドについていくには、時創空間もこれまでの日本の店舗建築とは一味違う取り組みをしていかなければならないと考えています。これまでの日本建築は原理原則に忠実だったように思います。しかし、ハードよりもソフトが愛されることをお客様が求め始めた昨今では、店舗空間に足を踏み入れたエンドユーザーに店舗側の「考え方」が伝わるように設計する必要があると思っています。

「考え方」が伝わってくる空間というのは、店舗建築だけでなく、店舗と見違えるほどデザイン性の高いものが増えてきたオフィスについても同様のことが言えます。経営者の方は「オシャレだから」という単純な理由でオフィスをデザインしていないと思います。社員がクリエイティブな姿勢で仕事と向き合える方法を模索しているからではないでしょうか。

「上手な引き算」で予算と理想のバランスをとる

「初期費用をできるだけかけたくない」というお客様が増えているのであれば、弊社はそれに応じていく必要があります。弊社の場合、初期費用をできるだけかけない店舗建築を「上手な引き算」で実現しています。

弊社のスタイルとしては、最初の打合せでお客様には費用のことはひとまず忘れていただいて、自由にイメージを膨らませてもらいます。同時に、店舗設計で実現したいことを全てお話してもらいます。

それら全てを忠実に実現すれば素晴らしい店舗ができるのでしょうが、予算が膨れ上がってしまいます。そこで、理想のなかで重要ではないものをちょうど良い塩梅で引き算していきます。例えば、「ナチュラルな空間」を実現したいというご要望でしたら、どのような要素を引き算すると「ナチュラルさ」が失われてしまうのか慎重に見極めます。こうした「上手な引き算」は絵の上手い人が、時間をかけずにサラサラっと絵を描く感覚に似ています。気軽に描かれたものでも、描いた人が絵の上手い人であればそれなりに見られるものになっている理由は、しっかり描くべきものとそうでないものを見分けられているからです。

店舗建築の実績多数だからこそ知っている繁盛店の秘密

時創空間では、これまでにも多数の店舗建築を手がけてきました。その経験があるからこそ、飲食店から美容室まで幅広い業種において、成功する店舗空間を考えることができます。もし店舗経営が初めての方でしたら、私たちから繁盛店の秘訣をご提案させていただくこともできますので、お気軽にご相談ください。そして、今回お話したような「上手な引き算」で、初期費用をできるだけかけたくないというお客様のご要望にも応えながら、時創空間は店舗建築と向き合っています。予算と理想の板挟みに悩んでおられる方は、一度、時創空間にお問い合わせください。

PAGE TOP